トップ >  バドミントンのドライブの打ち方とコツは? > バドミントン ドライブの打ち方・コツは?【ラリーの継続がカギ】

※ここにソースを貼り付けてください

バドミントン ドライブの打ち方・コツは?【ラリーの継続がカギ】

バトミントンのダブルスでよく使われる手法の一つに
ドライブというものがあります。

バトミントンのドライブの特徴は、床に並行でショットを繰り返すこと
シャトルの滞空時間が短いのでラリーのリズムが早いため、
打ち返す順番がすぐ自分にまわってきてしまう打ち方で
サイドアームショットの一つです。

攻撃の目的としては、お互いに攻撃の機会を狙うことで
一般的にはダブルスの前衛の人たちが
ドライブショットを打ち合います。

このドライブはあげた高さによって
相手にチャンスを上げてしまったりするので
難しいショットです。

高く上げてしまえば
相手はプッシュやスマッシュが打ちやすくなりますし
低くしてしまうと自分が打ったショットが
ネットにかかってしまったりしてしまいます。

また、バトミントンのドライブはラリーのリズムが早いという事を
先ほどかきましたが、その為ラケットを大きく振ってしまうと
次自分が打つ順番に間に合わなくなります。

このように基本ショットといわれるドライブですが
大変高度な技術が必要になるショットですから、
最初の練習はどれだけラリーを続けられるか
という練習が大事になります。

ドライブでラリーの練習を続ける事で
自分の打つリズムやラケットを振るタイミングを
身体で覚える事ができるのでとても大事な練習です。

練習を続けて上手くなってきたら
ネットを張って早いスピードでラリーが
続くように練習してみましょう。

このような練習を積みラリーが続いてきたら、
スピードは早いままのタイミングの中でも
相手の打ちにくい所や低い打球を打ち返せるよう
練習を重ねていきましょう。

また、フォアハンドのみならず
忘れてはいけないのがバックハンドです。

バックハンドでもちゃんと打ち返せるよう練習をしましょう。

この記事のカテゴリーは「 バドミントンのドライブの打ち方とコツは?」です。
バドミントンのドライブの打ち方とコツをまとめています。
関連記事

バドミントン ドライブの打ち方・コツは?【ラリーの継続がカギ】

バトミントンのダブルスでよく使われる手法の一つに ドライブというものがあります。...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「 バドミントンのドライブの打ち方とコツは?」です。2012年03月15日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「 バドミントンのカットの打ち方やコツって?」です。2012年03月02日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「 バドミントン打ち方でサイドハンドストロークとは」です。2011年09月01日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「 バドミントン打ち方でオーバーヘッドストロークとは?」です。2011年08月24日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索