トップ >  バドミントン打ち方でオーバーヘッドストロークとは? > バドミントン打ち方 オーバーヘッドストロークとは?-バドミントン初心者でも3分で分かる

※ここにソースを貼り付けてください

バドミントン打ち方 オーバーヘッドストロークとは?-バドミントン初心者でも3分で分かる

バトミントンの打ち方で、”オーバーヘッドストローク”という打ち方は、高いシャトルを打つ打ち方です。

飛んでくるシャトルをよく見て、打球の落下点に
早く入り込むことが一番のポイントとなります。

オーバーヘッドストロークの構えは、まず、体をねじり
ラケットを後ろに引き、振りかぶります。

この際にポイントとなるところは、

・右利きの場合は、前にある左手の肘、体、後ろに引いた
 ラケットを持つ右手の肘が一直線になるようにすることです。


シャトルの方向に左手を向けてバランスをとると打ちやすく
フォームも安定しやすくなります。

シャトルを打つ時には、なるべく高い位置で手首を使って
シャトルを打ちましょう。


肩の回転だけで力いっぱい打とうとしても
シャトルは飛ばないので、しっかりと手首の回転を
利用することを意識すべきです。

また、重心はシャトルを打つ時に後ろから前へ移動します

重心の移動や腰の回転なども意識しながら打つと
より強いストロークが打てるでしょう。

オーバーヘッドストロークを練習する時は、
打ち終わった後、すぐに腕を下げてしまいがちです。

しかし、実際のプレイでは、相手から球が返ってきますので
次の球を予測し、すぐにラケットを構えるようにしてください。


オーバーヘッドストロークはバトミントンの打ち方でも
基本となる打ち方です。

正しいフォームや打ち方をしっかりとマスターしてください。

この記事のカテゴリーは「 バドミントン打ち方でオーバーヘッドストロークとは?」です。
バドミントン打ち方でオーバーヘッドストロークについて まとめています。
関連記事

バドミントン打ち方 オーバーヘッドストロークとは?-バドミントン初心者でも3分で分かる

バトミントンの打ち方で、”オーバーヘッドストローク”という打ち方は、高いシャトル...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「」です。2012年03月02日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「」です。2011年09月01日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「 バドミントン打ち方でオーバーヘッドストロークとは?」です。2011年08月24日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索